Molecular and Clinical Bioinformatics
認知症予防のために~軽度認知障害(MCI)を早期発見する血液検査~
お問い合わせ
  1. ホーム>
  2. 研究開発>
  3. 開発商品

開発商品

生体内でつくられたタンパク質とペプチドの状態を、疾患の患者と健常者の間で比較解析することにより、疾患に関連する分子バイオマーカー(疾患バイオマーカー)を見出します。
当社はバイオテクノロジーとITを融合させた新しい技術でバイオマーカーの研究開発を行っています。

診断検査薬事業

疾患の早期発見のための検査

当社が見出したバイオマーカーを用いた画期的な検査によって、病気の早期発見を支援します。また、臨床情報処理による健康支援を通して一人一人が自らの健康を管理していくためのサービスを提供します。疾患バイオマーカーをはじめとした病態に関わる体内の情報についてのデータベースの構築、診断・創薬に有用な情報とこれらのデータを解析する技術を提供します。

・認知症の早期発見
軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)は、アルツハイマー病などの認知症になる前駆段階です。 認知症の予防のためにはMCIの段階で発見し、治療をすることが大切です。当社は、新規のバイオマーカーを用いた血液検査によって、認知症の予防を支援します。
「MCIスクリーニング検査」についてくわしくはこちらから

・肝疾患の早期発見
NAFLDは肝炎ウイルス感染や飲酒の経歴がなくても、脂肪肝を背景として発症する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の前駆段階です。当社の新規バイオマーカー(P35)を用いた肝炎検査によって、NAFLDの早期診断とNASHの予防を支援します。
※NAFLDの血液検査は平成32年に事業化予定